しみ・しわを隠すメイク方法ガイド

ベースメイクのやり方

(1) ファンデーションの前に、下地クリームをあずき粒大、
   指先で軽く叩くように伸ばします。
   下地クリームは、ピンクやオレンジなどの温かみのある色で、
   健康的な肌の下地つくりをしましょう。

 

(2) ファンデーションを手の甲にとって、額と両頬にポンポンと乗せます。

 

(3) 中指と薬指で軽く叩きながら、外側に伸ばします。
   動きの少ない頬には、厚めに重ねづけをして、
   皮膚が薄くよく動く目の周りは指で丁寧に薄く伸ばします。

 

(4) シャドーカラーを入れます。
   頬をスリムに見せるには、口をすぼめた時にできるほおのくぼみに、
   花を高く見せるには眉頭から鼻の両わきにシャドーカラーを入れます。

 

(5) ハイライトカラーを入れます。
   額から鼻筋にかけて、こめかみから目の下にかかる部分、あごの中央などに
   ハイライトカラーを入れます。
   目元にハリを持たせたい場合は、眉山から眉じりの下側、上瞼の中央にもハイライトカラーを入れます。

 

   ハイライトカラーやシャドーカラーは、仕上げのパウダーの後につけると、
   こなっぽくなりやすいので、パウダーをはたく前につけてしまいましょう。

 

(6) チークを入れます。
   ハイライトカラーやシャドーは省いても、チークカラーは絶対に欠かせません。
   自分の血色に近い色のチークをいれましょう。
   チークカラーも、ハイライトやシャドーのようにパウダーの前に入れましょう。
   にっこり笑った時に、頬が一番盛り上がる部分を中心にいれてください。

 

(7) パウダーをはたきこみブラッシングで仕上げします。
   パウダーをつけたパフを揉むようにして余分な粉を落とし、
   顔全体に極薄くはたきます。
   肌あたりが滑らかで大きめのフェイスブラシを顔全体に上から下へうごかし、  
   余分な粉を払い落とします。